放射線プロトコル 放射能の影響を取り除く

投稿日:

インテグレートヒーリング(以下、IH)の放射線プロトコルについてです。

このプロトコルは東日本大震災の後、日本での放射線被爆の影響を少しでも緩和できるようにと、(宇宙から)もたらされたプロトコルであると聞いています。

 

滅多に出てこないのですが、私は自分のセッションで出てきたことがあります。

 

そのセッションでは、初めに自分自身の姿をイメージ的に見てみたとき、真っ黄色のワンピースを着ている姿が見えました。その鮮やかな黄色が妙に印象に残っていて、「なぜ黄色?」と訝しく思ったのを覚えています。そんなワンピースなど実際には持っていないのです。

そしてIHのプロトコルに導かれ、放射線のプロトコルが選ばれたのです。

私が行ったセッションでこれが選ばれたのは初めてでした。クラスでもたしか練習もしなかったし(←被爆した相手でないと練習もできないので)、でもIHはテキスト見ながらやるのが基本なので、初めてでももちろんセッションを行うことは問題ありません。

で、そのIHのテキストでは、一番最初に「放射線シンボル」を見るとなっています。

ページをめくって、そのシンボルを見て驚きました。

黄色い! 真っ黄色!

ああ、これか~ 黄色いワンピースの正体がわかりましたよ。

なんか形も三角形がワンピースのスカートに似ているかも~(←これは今改めて見て気が付きました)

 

で、探っていくとチェルノブイリ原発事故の影響が出てきました。

まさかのチェルノブイリです。チェルノブイリって、いったい……

もちろん私はその当時もその後もチェルノブイリとはまったく関係ない生活をしています。ロシアなんて行ったこともありません。

 

でも、放射能の影響という点では思い当たることがありました。

 

 

ここで話は飛びますが、ボディートークでは「出生ヴィヴァックス」という項目があって、これは出生地(赤ちゃんのときにどこに住んでいたかではなくて、生まれた落ちた場所のことです)との繋がりを調整する必要があるときに出てくるとされています。

私はボディートークを勉強し始めたときから、いや、その前にモニターセッションを受けたときから、この「出生ヴィヴァックス」なる項目がやたらと出てきたのです。

私は東京で育ちましたが、生まれたのは母の実家のある関東のある県(←あえて地名は伏せます)の病院でした。

で、その地との繋がりを調整するってことなんですが、これはまったく自分ではピンときませんでした。

「出生ヴィヴァックス」の説明によると、これが出てくるのは生まれた地から遠く離れたところ(海外とかそういうレベル)に住んでいる人が、ホームシック的症状にかかっているときによく出てくる、らしいのですが、自分には全く思いあたりません。

親戚がいるので、今もときどきその地を訪れますし、もしたとえずっと訪れなかったとしても、育った思い出があるわけではないのでホームシックなんてあり得ません。

それなのに、基礎セミナーを受けたころはお互いに練習セッションをすることが多かったのですが、私がやってもらうセッションでは本当によくこの出生ヴィヴァックスが登場したのです。

そもそも思い返してみれば基礎セミナーで「出生ヴィヴァックス」のデモセッション(←先生が受講生の前で行うセッション)のときも、クジで私が選ばれたんですよね。

(余談ですが、どんな療法のクラスでもクジで選ばれるのって正に必要っていう人が選ばれることがほんとうに多いです)

 

なんでかなあとずっと不思議に思っていたのですが、あるときベテランの方(北海道の福田先生)のセッションを受けその謎が解けました。

そのセッションでやはり「出生ヴィヴァックス」が出て、それが3.11東日本大震災の影響であると指摘されたのです。

どういうことかというと、私の出生地が3.11で被爆していることが一因となって、今の私もその影響を受けているというのです。

ひえ~驚きです! そんなことってあるんですね~(この世界ってそんな風になっているんですね~)

「出生ヴィヴァックス」がたびたび登場する謎が解けました。福田先生ありがとうございます。

 

で、調整してもらったのですが、これで「出生ヴィヴァックス問題」は解決したものの、放射能の影響というのはセッションではまだたびたび登場していました。

ボディートークではアレルギーや不耐症を扱う項目があるのですが、それで「放射能」が出てきたりするのです。

そんな頃に行ったのがこの冒頭のセッションだったわけです。

このセッションでわかったのですが、チェルノブイリ原発の影響まで受けてしまうというのは、私個人の魂の経歴も関係しているようでした。潜在意識下のそうとう深いところで放射能の影響を受けていたのです。それが元々あったので、3.11やチェルノブイリの事故の影響を受けやすくなっていたようです。

このIHの放射線プロトコルのセッション以降、放射能の影響だの、放射線アレルギーだのは出てこなくなりました。ボディートークで何度もやってもらって、少しずつ影響を取っていって、たぶんこれが最後の一押しだったのではないでしょうか。

(とはいえ、まだ何かがあるかどうかはわかりませんが)

 

私自身のその体験があるので、前回の記事で放射線プロトコルはボディートークで扱うのとはちょっと違う気がする~としました。

でもたぶん、やっぱり、他のものもそれぞれアプローチが違うので、すべて別物といえば別物ですね。(←えっ、そういう結論なの!?)

同じことを扱っているとはいっても、カラダはそのときに応じて、ボディートークの方法でやってほしいとか、IHのプロトコルを使ってほしいとか、指定してくるわけで、その違いもわかったうえで、最善のものを選択しているのですね。

次回はこの流れで3.11ほか昨今の災害の影響について書きたいと思います。

 

 

-インテグレートヒーリング, セッション, ブログ, ボディートーク

Copyright© ボディートーク & IH(インテグレートヒーリング)空十色(そらといろ)|東京都目黒区 , 2020 All Rights Reserved.